記事を検索

NPO法人も手軽に始められるクレカ決済。TechSoup Japanの寄贈プログラムがスタート

特定非営利活動(NPO)法人に関係する方々に、特別なお知らせです

square-techsoup

Squareの審査を通った特定非営利活動(NPO)法人、社会福祉法人、公益社団法人、公益財団法人は、TechSoup Japanの数量限定の寄贈プログラムを通して、一団体につき最大10個までクレジットカードリーダー「Squareリーダー」を無償で受け取ることができます。

>>お申し込みページ

NPOにとって、支援者拡大やコスト削減は、安定した活動のために重要なテーマ。支援者が便利なように決済手段は幅広いに越したことはありません。その一方で、これまでのクレジットカード決済は、煩雑な申し込み手続きや、高い初期費用と決済手数料で、NPO法人が導入するには高いハードルがありました。

Squareは「誰もがもっと簡単にクレジットカード決済を受け付けられるようにすること」という考えから始まりました。Squareが提供するツールは、手頃で、老若男女問わずかんたんに使うことができ、中小・個人事業主を中心に利用されていますが、実はNPOなどの法人団体にとっても心強いツールです。今回寄贈される安全性の高いICチップ搭載のクレジットカードを読み込むことのできるクレジットカードリーダーのほか、無料で売上や在庫が管理できるPOSレジアプリも提供しています。

アカウントをつくる手軽さで与信が完了するシンプルな決済

「クレジットカード取引の与信がアカウントをつくる手軽さで完了しました」「クレジットカード決済がその場ですぐできた!」「屋外のイベントにもインターネットを持ち運び、現金とクレジットカード利用のレジとして使える」「クレジットカード決済により高価な品・高額寄付のやりとりができること」「クレジットカード決済後、領収書をすぐにメールで送付できました」「会費や寄付納入の入金記録がウェブからダウンロードできるので、通帳記帳の手間がなくなった」「本の物販の際に、本の残数と売上や現金の売り上げチェックがリアルタイムでできるので助かる」「会費や寄付納入の際に発生していた手数料(郵便局なら約315円)が節約できました」「会費の支払いをメールで依頼できるSquareのクラウド請求書(Square 請求書)する機能が便利です!」

上記は、これまでに会費や寄付納入、物販でSquareを活用した団体から寄せられました。

特定非営利活動(NPO)法人、社会福祉法人、公益社団法人、公益財団法人に携わる方々は、ぜひこの機会にカード決済の対応をご検討ください。

対象団体の条件やシステム要件、お申し込みの手順は、こちらのウェブサイトでご確認ください。

なお、本プログラムを活用するセミナー「テックスープの集い」を実施予定です。
詳細はテックスープ登録団体のみなさまに、後日お知らせいたします。

専門チームが、あなたのビジネスに合ったSquareの使い方をご提案いたします。