記事を検索

【使い方のヒント】保留会計機能を使った裏ワザ、教えます。

先週の「Square POSレジ」のアップデートで追加された保留会計機能ですが、各テーブルごとに伝票を作成し注文を保存できるだけではありません。そこで今回は、保留会計機能でできる便利な使い方をまとめました!

お会計前に、伝票の印字が可能に!
保留会計機能を使うと、お会計前に、保留中の伝票を印字することが可能です。これにより、お勘定の際、内訳とお合計金額の記載された伝票を印字し、お客様に内容を確認いただいた上で、現金またはカードをお預かりし、お会計することができます。
スクリーンショット 2015-05-18 20.09.56
キッチンプリンターと組み合わせて、キッチンへのオーダーも!
iPadで保留会計機能を使うと、保留中の伝票に商品を追加し、伝票を保存する度に、キッチンプリンターから追加注文分のオーダーシートを印字することが可能です。注文をとるのもSquareで!
>>オーダーシートの設定方法はこちら

保留中の伝票は、複数の端末間で自動同期
複数のiPadやAndroidタブレットをご利用の場合は、複数の端末間で保留中の伝票情報が自動的に同期されます。そのため、複数のスタッフで同時にオーダーを取ったり、オーダーテイク用の端末と、お会計用の端末を分けて使用することも可能です。

※保留会計機能は、iPad及びAndroidタブレットにてご利用が可能です。オーダーシートの印字は、iPadのみでご利用が可能です。その他の端末につきましては、今後順次対応予定です。

■保留会計の使い方詳細はこちら
■Square対応の周辺機器の詳細はこちら
■保留会計の使い方のご相談は、Squareサポートまでお気軽に!

専門チームが、あなたのビジネスに合ったSquareの使い方をご提案いたします。