記事を検索

【使い方のヒント】もう紙の帳簿はいらない。Squareで始めるクラウドPOSレジ!(第1回 商品・メニュー登録編)

Square POSレジは、カード決済だけのツールではありません。商品やサービスメニューの登録、現金の売上の計上、会計システムとの連動などの設定すれば、クラウド型POSレジとして日々の売上の管理から売れ筋商品分析、会計処理までまとめてかんたんにできるんです。

そこで今回から4回に分けて、iPad用Square POSレジをもっと便利に使いこなすための設定方法をご紹介します。第1回は、税金や、商品・サービスメニューの登録方法です。Square POSレジを使いこなして、めんどうな売上管理や会計処理をすっきりさせましょう!

税金の設定

商品の設定前に、以下の手順で税金の設定をしておきます。この設定をすることで、会計時に消費税が自動計算され、保存されます。

1) 画面左下の3本線もしくは数字の「1」をタップします。

IMG_0125

2)「設定」をタップします。

IMG_0126

3)「税金を設定」をタップします

IMG_0127

4) 必要項目を入力し、「保存」をタップします。

「名前」欄 – 「消費税」と入力
「課税方法」欄 – 「内税」もしくは「外税」を選択

IMG_0128

 

商品やメニューの登録

続いて商品やサービスメニューの設定をおこないます。

1) iPad上のSquare POSレジアプリから「商品ライブラリ」画面を開きます

IMG_0130

2) 画面上部の「編集」をタップ後、 「+」 から 「商品を登録」をタップします。

IMG_0129 IMG_0131

IMG_0132

 

3)「商品の登録」画面で、以下の項目を入力後、「保存」をタップします。

IMG_0134

① 名前 (必須) – 商品やサービスメニューの名称を入力します。
② カテゴリ(任意) – 商品やサービスメニューのカテゴリを入力します。
③ 販売価格(任意) – 該当の商品やサービスメニューの単価を入力します。この欄を空欄にしていただくと、お会計の都度、金額を指定して決済することが可能です。
④商品番号(任意) – バーコードリーダーで商品を検索したい場合は、この欄に商品番号を登録します。
⑤ 販売価格、サイズ、商品番号の追加と変更 – 1つの商品に複数のサイズや価格がある場合にはこちらをタップして設定します。

続いて同じ手順で、他の商品やサービスメニューを登録します。

ヒント: 画面右上の「編集」をタップすると、商品ごとに写真を登録したり、ラベルの色を変更することも可能です。商品がたくさんある場合は、CSVファイルを使って一括で登録することも可能です。

 

 

「お気に入り」ページへの商品登録

一通り商品の登録が完了したら、続いてよく使う商品やサービスメニューを「お気に入り」ページに登録しましょう。「お気に入り」ページは最大5ページまで作成できます。各ページには25個の商品やサービスメニューの登録が可能です。

1)「お気に入り」ページのラベル名の編集

「お気に入り」ページのタイル部分を長押し後、画面下部の①を長押しすると「ラベル編集」画面が表示されるので、任意の分かりやすい名前に変更をします。

IMG_0135

 

2)「お気に入り」ページへの商品の登録

「お気に入り」ページを開き、商品タイルの+印の部分を長押しすると、商品を選択する画面が表示されます。この画面で、登録済みの商品を選択します。同じ手順で別の商品タイルにも商品を追加し、追加が完了をしたら「編集を終了」をタップします。

IMG_0142 IMG_0138 IMG_0140

 

いかがでしたか?商品を登録しておけば、スムーズにお会計ができるだけでなく、どの商品がいつどれくらい売れたか?などの売れ筋商品の分析もできるようになります。最初は少々手間がかかりますが、ぜひチャレンジしてみてください!

 

次回は、カード決済以外の現金やその他のお支払い方法での売上を登録・管理する方法をご案内します。お楽しみに!

Squareに関する不明点のお問い合わせ、ご質問はSquareサポートまで、お電話もしくはEメールにてお気軽にご連絡ください。

専門チームが、あなたのビジネスに合ったSquareの使い方をご提案いたします。