記事を検索

【Square基本のき】(3) Squareリーダーの取り扱い方

▼この記事を読むと……カードリーダーの仕組みや充電について、カードの読み取り方法などがわかります。ICチップと磁気ストライプのリーダー読み取り口と読み取り方法の違いを確認しておきましょう。

【Square 基本のき】のススメ(もくじ)に戻るにはこちら

IC対応Squareリーダーの仕様

スクリーンショット 2016-03-30 10.20.08

【上から見た図】
① ICチップ読み取り口(金色の突起があります)
② 磁気ストライプ読み取り口

【正面図】
Squareのロゴがある面が正面です

【下から見た図】
③ 充電状態の確認ランプ(充電完了:緑色、充電中:オレンジ色、電池の残量低下または電池切れ:赤色)
④ イヤホンジャック端子
⑤ 充電ケーブル差し込み口

【注意点】

カードリーダーは充電式です。充電が足りていないとICチップ、磁気ストライプとも読み取ることができません。
・バッテリーは2〜3時間の充電で満充電となります。満充電の場合、1営業日 (12時間 〜 16時間) 程度ご利用いただける設計となっていますが、実際にご利用いただける時間は、ご利用状況に応じて前後する可能性があります。使わないときにはこまめに端末から取り外しておくようにするとバッテリーの持続時間が長くなります。
・ICチップ、磁気ストライプ両方の読み取りに対応しています。それぞれ読み取り口が違いますので、上記【上から見た図】で確認をしてください。

 

クレジットカードの読み取り方法

スクリーンショット 2016-03-30 10.29.09

 

【ICチップの読み取り方法】

・ICチップ読み取り口で読み取ります。
・カードを縦に持ち、ICチップ読み取り口内の金色の突起にクレジットカードのICチップがあたるようにカードを差し込みます。
・読み取り口の壁に沿わせるようにして、カードを奥まできっちり差し込みます。

【磁気ストライプの読み取り方法】

・磁気ストライプ読み取り口で読み取ります。
・カード裏面の磁気ストライプ全体を、読み取り口にスライドさせて読み取ります。
・磁気ストライプがリーダーの後面(ロゴのない方)を向くようにして、すばやく真っ直ぐに通します。

【磁気ストライプ読み取り時の注意点】

ICチップがついているカードはICチップで読み取ってください。磁気ストライプの読み取りは、ICチップがついていないクレジットカードを除きできません。

 

EMVに準拠したICカード対応Squareリーダーの仕様とカードの読み取り方法は確認できましたか?続けて【基本のき】(4)「レシートとカード利用明細に記載される事業者情報を設定しましょう」へ進みましょう!>>

専門チームが、あなたのビジネスに合ったSquareの使い方をご提案いたします。