記事を検索

【使い方のヒント】必要なのはメアドだけ。「お客様のドタキャン」問題を解決する方法!

有料セミナーやイベント、旅館やホテル、美容院、飲食店など、ご商売をする方の多くが悩むお客様の「ドタキャン」。せっかくの準備を無駄にしないために、ほかのお店がどのような工夫をしているのか気になりませんか。

Squareをご利用の事業者には、料金を前払いにすることで「ドタキャン」の悩みを解決したというアイディアマンがいらっしゃいます。前払いといっても、振込依頼書を郵送したり、予約サイトにオンライン決済ツールを組み込んだりと、手間や費用がかかることをしたわけではありません。ではどうやって……?

答えは「Squareインボイス」。これまでもSquareブログにたびたび登場していますが、メールアドレスさえ分かれば、その場にいないお客様でもクレジットカードで精算ができる、かんたん、手頃で画期的なツールです。手数料はクレジットカードをSquareでスワイプした時と同じ3.25%。追加の費用はありません。セミナーやイベント、宿泊施設にて、お客様に前払いをしていただくツールとして好評です。

そこで今回は、Squareインボイスの使い方をご紹介します!

Squareインボイスの作成と送信
Squareインボイスは、Squareデータのインボイス画面にサインイン後、画面右上の「インボイスを作成」ボタンをクリックすることで作成できます。

スクリーンショット 2015-06-29 19.50.40

① インボイス件名の入力
受け取ったお客様が内容をすぐに分かるように、わかりやすい件名を入力しましょう。

② インボイス番号の入力 (任意)
必要に応じて、管理用の任意の番号を入力できます。

③ 支払い期日の設定
Squareインボイスでは、送信の際に支払い期日を指定して送信することができます。支払い期日を指定すると、支払い期日が近づいた段階で、自動的にリマインドメールも送信されます。支払い期日は、あまり先の日付を指定してしまうと、忘れられてしまう可能性がありますので、概ね3〜7日後を指定してみましょう。

④ お客様名の入力
この画面では「様」などの敬称の入力は不要です。インボイス送信時にインボイス画面で自動的に「様」の文字が追加されます。

⑤ メールアドレスの入力
Squareインボイスは、パソコンやスマートフォンの画面からお支払いが可能です。フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)の場合は、画面が正常に表示されず、お支払いいただけない場合がございます。また携帯電話のメールアドレスで、記号が連続して登録されているメールアドレスや@マークの直前に記号が入るメールアドレスはご利用いただけませんので、お気をつけください。

⑥ コメント欄の入力
任意のメッセージを入力可能です。

⑦ 商品欄、数量、販売価格の入力
商品欄に入力をする際は、表示をさせたい文字を入力後、「新しい商品を追加」を選択することで、入力が可能です。

⑧ 税金
税金設定画面で税金を設定している場合には、税金が自動的に適用されます。

すべての情報の入力が完了したら、あとは「送信」ボタンをクリックするだけです。

Squareインボイスのお支払い
Squareインボイスが送信されると、相手のお客様には以下のようなメールが送信されます。

スクリーンショット 2015-06-29 19.35.43

受け取ったお客様は「カードで支払う」ボタンをクリックすることで、お支払い画面に進むことができます。お支払いはVisa, MasterCardまたはAmerican Expressの利用が可能です。お支払いが完了すると、加盟店およびお支払いをいただいたお客様の双方に、支払い完了の旨のメールが送信されます。

Squareからの代金の振り込み
Squareインボイスの決済手数料は3.25%、手数料を差し引いた残額が通常の振り込みスケジュールに従って、ご登録の銀行口座に振り込みがおこなわれます。

まずはSquareインボイスをテストしてみましょう
Squareインボイスは、実際に支払いが完了するまでは、手数料はかかりません。実際のお客様に送信する前に、まずはSquareデータのインボイス画面からご自分のメールアドレスに送信をして、一連の流れをご確認ください!

……とはいっても、参加者としてはセミナーやイベントの代金はぎりぎりまで支払いたくないもの。前払い割引料金や、割引以外の特典などを料金前払いに対するインセンティブをつけるとより効果が高まります

Squareに関する不明点のお問い合わせ、ご質問はSquareサポートまで、お電話もしくはEメールにてお気軽にご連絡ください。

 

専門チームが、あなたのビジネスに合ったSquareの使い方をご提案いたします。