記事を検索

顧客情報の管理をより便利でかんたんに。顧客リストとカード情報保存機能のご紹介

お客様を理解し、それぞれの好みに合ったサービスを提供することは、競争の激しい市場で生き抜くために欠かせません。Squareは、顧客情報を安全かつ手間を掛けずに管理できるプロダクトや機能を提供しています。

Squareのアカウントひとつあれば、顧客管理ツール「顧客リスト」とカード情報保存機能を活用して、お客様の連絡先や購入履歴、クレジットカードやデビットカードの情報を管理できる上に、会費などの定期的な請求もかんたんにできます。

カード情報保存機能とは

Squareのクラウド請求書「Square 請求書」を使えば、事業者はお客様のメールアドレスさえ分かれば、クラウド上で請求書を送付することができます。これまでのような印刷や郵送といった作業が必要ありません。

家賃や習い事の月謝など、毎月決まった額をお客様に請求している場合、カード情報保存機能を利用すれば、継続課金をかんたんに設定できます。お客様のクレジットカード情報も安全に管理できるので安心です。

保存されたカード情報を利用して決済が終了すると、登録されたお客様のメールアドレス宛にレシートが自動的に送られます。その際、お客様が自動引き落としを終了したい場合や違うカードで支払いたい場合は、お客様ご自身でカード情報を解除したり変更することもできます。

顧客リストの活用

顧客情報は、Squareの管理画面にある顧客リストのページにアクセスすれば、いつでもどこでも新規追加や編集ができます。

登録された情報は顧客リストからスピーディに見つけることができ、レジ会計や請求書の発行で活用できます。例えば、会計時に顧客リストからお客様の名前を呼び出せば、購入履歴を自動で顧客情報として追加することができます。その際にメモとして、お客様のプロファイル(例えば、好みのヘアスタイルや色、サイズなど)もメモとして記録しておくことで、次回来店時から時間の節約になると同時に、お客様にさらにご満足いただけるサービスを提供できます。

Squareデータと顧客リストは連動しているので、お客様の売り上げや購買履歴の分析に利用できます。これらの情報はお客様の購買行動の理解を深めることに役立つだけでなく、サービス向上、さらには売上アップにもつながります。

基本的な使い方

Squareアカウントから顧客情報を新規追加するには

1. Squareアカウントにログイン
2. メニューから「顧客」をクリック
3. 「顧客情報作成」をクリック
4. 情報を入力し、「保存」をクリック

SquarePOSレジから顧客情報を新規追加するには

1. 左上にあるメニューから、「顧客」をタップ
2. 「顧客情報作成」をタップし、情報を入力
3. 「保存」をタップ

顧客情報に購買履歴を追加するには

1. 左側にあるメニューから「顧客」をタップ
2. 検索ボックスにお客様の名前を入力し、表示された名前をタップ
3. 「顧客の新規販売」をタップし、会計業務を進める

購買履歴に顧客情報を追加するには

1. レシート発行の画面から、上部にある「顧客情報の追加」ボタンをタップ
2. 追加したい顧客情報を選び、「売上に追加」をタップ

顧客リストはSquarePOSレジの最新バージョンで無料でご利用いただけます。

顧客リストの利用は無料です。保存されたカード情報を利用した決済には3.75%の手数料がかかります。Square 請求書を発行しお客様が都度カード情報を入力する場合、もしくはSquareリーダーによるクレジット決済は手数料が3.25%です。

専門チームが、あなたのビジネスに合ったSquareの使い方をご提案いたします。