記事を検索

photo

【経営者の3分読み物】お店の健康診断

店舗運営の改善や売上増加のためのアイデアを実行していくには、来店の波や人気商品の変化などの現状を肌感だけでなく、きちんとしたデータにすることが大切です。あなたのビジネスの「健康診断」をするには、とにかくお客様の動向と売上データを記録していくこと。あなたがレジ打ちをするだけで、視覚化されたデータが得られるPOSレジは、データ収集に最適です。

では、早速データを見ながら解説していきましょう。

必要なのはスマートフォンかタブレットだけ!
無料のPOSレジアプリを試す


お店の活動状況と売上の定期検診

下のグラフは1ヶ月間の売上の推移を表したもの。こちらのA店、月前半は後半に比べて売上が多いようです。もしかしたら、近隣の企業や常連さんのお給料日は、月末の方が多いのかもしれません。毎月同じ傾向にあるなら月の前半はより売上が伸ばせるようスタッフの配置や在庫補充をしっかりと、後半には集客を促せるような施作を考えましょう。

次は曜日別の売上比較。こちらのB店は水曜日に客足が遠のくことが多く、原因を調べてみることに。水曜日はお店の近くの工場がノー残業デーで、17時以降の来店数が少なくなることが判明。また、工場は土日も稼働しているので、定休日を再検討してみることになりました。あなたのお店はどうですか?一定期間、定休日を変更してみてどちらがより利益を生むのか、一度テストしてみる価値はありそうです。

POSレジ売上分析_曜日別

また、営業時間についてこんな例もありました。C店の1日の時間別データを見てみると、売上が一番多いのは朝8時〜9時の1時間。一方営業終了間近の19時〜20時は1日の中でもっとも売上が少ないということがわかりました。C店は営業時間を1時間早め、午前中の売上を伸ばすことに。あなたのお店もデータを元に営業時間を見直してみましょう。

 

無料のPOSレジを今すぐ試す >>

コンサルいらず。経営施策のセルフチェック

下のグラフは前述のC店の売上上位5商品の、1日の売上推移を表しています。赤色の線が一番の売れ筋商品。でも実は18時頃になると、売れ筋商品よりも売れている商品があるのがわかります。時間帯によってメニューを変えたり、ポップを取り替えたり…データを正しく知っていれば、夕方の販売戦略が変わってきますよね。

あなたのお店の商品が、どんなお客様に購入されているのかはご存知ですか?C店はポイントカードを持っているお客様の方が販売商品数、総売上高ともに多いことがわかります。ポイントカードに限らず、テイクアウト・イートインや、男性・女性など、あなたの欲しい軸でデータを集め、今おこなっているサービスや特典が本当に効果を出しているのか測定しましょう。

他にも色々な診断手法が

POSレジは他にも、スタッフごとの販売数と売上金額、カードvs現金などの支払方法と単価の傾向、一番利用されるディスカウントからわかる人気のクーポン、 年間の総売上高と前年比較など、様々な角度からあなたのビジネスを可視化することが可能です。ご興味のある方はこちらまでお問い合わせください。

スマートフォンやタブレット用POSレジアプリの「Squareレジ」は、すべての機能が無料。パソコンからログインすれば売上分析もとても簡単。今すぐアカウントを作成して、POSデータをビジネスに活かしましょう! 

Squareのサービスについてさらに詳しく  >>

あなたのビジネスもPOSレジで健康診断!

アカウントを作ってSquareレジを今すぐダウンロード!もちろんアカウント作成は無料、アプリをダウンロードしたらすぐにPOSレジの利用が可能。アカウント作成は数分で終了します!

  1. 1.下のボタンをクリック
  2. 2.メールアドレス、お客様情報、業種、金融機関を入力
  3. (金融機関情報はクレジットカード決済額の入金先として使用)
  4. 3.App StoreまたはGoogle Playから「スクエアレジ」をダウンロード